全盛期のことわざ伝説 

・7転び8起きは当たり前、7転び13起きも
・先頭医者満塁不養生を頻発
・イチローにとっての祟りは神の触りそこない
・先頭あつものサイクルなます吹きも日常茶飯事
・9回裏100点差、チームメイト全員牛後の状況から1人で鶏口
・光陰も余裕で矢のごとし
・一回の早起きで徳が三文に見える
・あまりに仕損じるから急いても仕損じる扱い
・その仕損じも成功の元
・試合の無い一寸先でも2闇
・転ばぬ先に杖で打ってたことも
・ウェイティングサークルで隗より始めた
・威を借りようとした狐と、それにびびる狸、兎、鹿の動物ともども皮算用した
・井の中の蛙のヤジに流暢なゲロゲーロで反論しながら大海キャッチ
・グッと後悔しただけで先に立った
・自分の噂に飛び乗って千里を走るというファンサービス
・鳶は鷹を生んだ事がない
・イチローが叩くと石橋が渡れる
・かわいい子供に99泊100日の旅を約束
・小粒でもピリリと辛いのは山椒くらい
・街でイチローが歩くだけで棒に当たる
・イチローが蒔かぬ種は生えぬ
・イチローが袖摺り合った時点で他生の縁でいいだろ
・2打席連続ホームランは「人を見たら泥棒と思え」という暗号
・イチローは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に大志を抱けと言ってあげたことがある

1131view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-11-20 (水) 12:48:20 (1732d)