全盛期の山陽新幹線「500系のぞみ」号伝説

・30分早着は当たり前、80分早着も
・始発駅300km/h加速を頻発
・500系にとっての普通席はエコノミークラスの作りそこない
・加速Gで座席が勝手にリクライニングするのも日常茶飯
・3時間遅れも余裕で回復
・あまりに車輪が消耗するので東京〜博多3往復分を1往復扱い
・それでも余裕で1日3往復
・500系のモーターは高出力過ぎるため、営業運転中はリミッターをかけている
・駅を通過するだけでレールスターが泣いて謝った、心臓発作を起こすこだまも
・あまりに速すぎるから終点までに車内販売が席まで来なくても誰も気にしない
・飛行機の代わりに福岡空港まで飛んでいったことも
・スーパーレールカーゴの佐川専用コンテナを自らキャッチして配達先へ投げ飛ばす
・グッとノッチを入れただけで5駅くらい通過した
・500系のトンネル微気圧波のせいで阪神大震災が起きたことは有名
・関空の地盤沈下が始まったきっかけは500系が走行時に起こす地盤振動
・東京駅京葉線ホームの深い位置からディズニーランド帰りの乗客も処理してた
・博多駅を飛び越して台北まで行くというファンサービス
・500系はパンタグラフを上げた事がない
・500系が故障したら東海道・山陽新幹線が全面運休
・500系がトンネルに入るとマリアナ海溝の深度が下がる
・病気のイコちゃんに無事故を約束
・車体断面が丸すぎるせいか飛行機に乗っているように感じる
・500系が離陸したことに気づかない乗客も多い
・試運転中の禁則事項で竹島奪還したのはあまりにも有名
・500系の速さに在日米軍のレーダーがICBMと間違ってしまうので警戒されていた
・加速中に宇宙まで行けた
・運転士が500系の運用につける確率は宝くじで3億円当たるより低い
・その運転士は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に山陽新幹線2枚きっぷをプレゼントしたことがある

1821view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-10 (水) 23:38:22 (3570d)