全盛期の大字入試センター試験伝説(マークミス編)

・3問5マークミスは当たり前、3問8マークミスも
・先頭の問題で2問目の解答欄にマークを頻発
・受験生にとってのマークミスは計算ミスのしそこない
・解答済みの問題の解答欄をリサイクルマークも日常茶飯
・試験終了9秒前100点確信、マークシート全部確認済みの状況から1問目でのズレを発見
・受験番号も余裕でマークミス
・一回の解答でマークが三問分増える
・パクロスが特技
・普通に解いてただけで解答用紙が足りなくなった、気付けば全部マークしてたことも
・あまりにマークミスしすぎるから全塗りでも正解扱い
・今度は会場をミス
・解答用紙の余白にも2マーク
・マーク解答欄に記述解答してたことも
・隣がマークミスをカンニングなんてザラ、2人引っ掛かったことも
・計算し終わってからマークするほうが長かった
・自分の名前の「太」の字が「犬」になってた
・消去法ででてきた答えと、直前まで消せなかった選択肢、最初に消した選択肢、解答群に使われてない数字ともどもマークした
・数学で全部「c」にマークしただけで5点くらい入った
・二年目の受験戦争が始まったきっかけは国立二次試験での受験番号ミス
・マークシートの一番右列の解答欄で三問目の解答も処理してた
・タイトルもマークミスしていることにまだ気付いていない住人も多い
・横全塗りの中に一つだけある濃いマークは「これが答えとはわかっていました」という暗号
・病気の子供の問診表をマークミス
・今年受験するが長々と改変してしまい受験生的にNG

2039view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-19 (月) 19:36:16 (3620d)