全盛期のフルーツグラノーラ伝説 

・フルーツグラノーラが楽しみで無駄に早く起きてしまう人が続出
・「朝飯前」という言葉が使われなくなった
・毎日のお通じが快調すぎてトイレットペーパーが品切れ、オイルショックに繋がったのは有名
・1日1食は当たり前、1日8食も
・広辞苑で「朝食」を引くと類義語に「フルーツグラノーラ」が載っている
・発明王エジソンが一日三食を勧めたのはフルーツグラノーラを皆に食べてもらうため
・履歴書の趣味欄にフルーツグラノーラを書くことが禁止された
・中世の日本ではフルーツグラノーラを差し出して「お主も悪よのう」というのが普通だった
・湾岸戦争が始まったきっかけはカルビーによる内容物のマイナーチェンジ
・食卓に出しただけでトニー・ザ・タイガーが泣いて謝った、心臓発作を起こすメルビンも
・ケロッグを一睨みしただけで株価が暴落していく
・その暴落でリーマンショックが起きた
・断食中でも1日3食
・結婚して最初の一ヶ月以外朝に顔を見たことのない妻が朝食目当てに起きてくるように
・マリー・アントワネットが「パンがないならフルーツグラノーラをお食べ」といったのは有名
・それに賛同する庶民が続出
・一度の食事で食物繊維が三倍とれる
・大学の試験ではフルーツグラノーラが持ち込み可になっている
・お賽銭にフルーツグラノーラを投げ入れる人が続出
1028view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-24 (木) 19:24:40 (2642d)