全盛期の戸塚駅『開かずの踏み切り』伝説

・3時間踏み切り下りっぱなしは当たり前、8時間下りっぱなしのことも
・終電後にも踏み切り作動を頻発
・戸塚駅開かずの踏み切りにとっての踏み切りが開くのは踏み切りの誤作動
・始発前に踏み切り作動も日常茶飯
・東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン全車両通過の状況から踏み切り作動
・横浜市営地下鉄到着でも余裕で踏み切り作動
・一回遮断すると会社・学校に遅刻する人が30000人増える
・貨物列車通過で踏み切り作動が特技
・踏切が開くだけで子供が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす老人も
・電車通過後でも納得いかなければ神奈中バスが近づくだけで踏み切り作動してた
・あまりに踏み切り作動しすぎるから線路の地下化、道路の高架化の案が出た
・その案も開かずの踏み切りを愛する地元住民が反対
・信号を一睨みしただけで踏み切りが上がる時間が20分伸びる
・列車運行の無い移動日でも2時間作動
・遮断機使わずに手で閉じてたことも
・踏み切りが上がるのを待つより吉野家で牛丼食べてから駅構内を通過する方が早かった
・待っているの韓国人のヤジに流暢な韓国語でアナウンスしながら4時間遮断
・グッとガッツポーズしただけで5時間くらい下りた
・踏み切り作動で暴動が起きたことは有名
・横浜新道ができたきっかけは吉田茂首相が開かずの踏み切りにキレたから
・恋人に会いに行く男の邪魔を踏み切り作動で処理してた
・三輪車が近づくだけで楽々踏み切り作動してた
・踏み切り作動して待っている間に会話させるというファンサービス

1640view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-11 (日) 23:14:34 (3447d)