全盛期の西田式ブラー伝説 

・3投50cmアイナメは当たり前、3投80cmアイナメも
・一投目から入れ食いを頻発
・西田式ブラーにとってのマダイはアイナメの釣りそこない
・根掛かりと思ったらヒットも日常茶飯
・午前3時波の高さ3m、釣り仲間全員溺死の状況から1人で爆釣れ
・クサフグも余裕でヒット
・一回のシャクリで餌が三本に見える
・シャクリだけでヒラヒラが特技
・堤防に立つだけで漁師が泣いて謝った、心臓発作を起こす海女さんも
・60cm級のアイナメがが掛かっても納得いかなければ猫にあげて帰ってきてた
・あまりに釣りすぎるから海で使うのを禁止
・川でもランカーバスをヒット
・海を一睨みしただけでアイナメがクーラーボックスに飛んでいく
・釣行の無い移動日でも2匹
・ゴカイを使わずにソフトルアーで釣ってたことも
・自分の釣った魚をを自分でまた釣ってレーザービームで海に投げ返す
・間違ってヒラメが釣れるなんてザラ、スズキが釣れることも
・海底で根掛りしてからアイナメが食いつく方が早かった
・河口でアイナメ釣った
・ゴカイを食おうとしたアイナメと、それを食おうとしたカサゴ、ヒラメ、ウツボともども釣り上げた
・外道のキュウセンのヤジに流暢なヒラヒラで反論しながらキャッチアンドリリース
・グッとガッツポーズしただけで5匹くらい釣れた
・ヒラヒラで津波が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはブラーでのアイナメの釣りすぎ
・沖の深い位置から深海魚狙いの釣行も処理してた
・30cmのマハゼを楽々釣り上げて天ぷらにしてた
・自分の釣った魚に飛び乗って太平洋まで行くというファンサービス

2204view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-25 (月) 12:20:39 (3949d)