全盛期の殿様伝説

・一外出ニ昼食、ときには一外出三昼食も
・先頭農家七輪を頻発
・殿様にとっての鯛の尾頭付きは秋刀魚の焼きそこない
・愛馬に跨るだけで農家が泣いて謝った、心臓発作を起こす漁師も
・参勤交代でも納得がいかなければ秋刀魚を食べに帰ってきた
・あまりに食べ過ぎるので鰯でも秋刀魚扱い
・その鰯も目黒が一番
・接待役を一睨みしただけで銚子から秋刀魚が飛んでくる
・脂がきついと蒸し物にした料理人と、形が崩れたと練り物にした料理人、接待役まとめて塩焼きにした
・観客の明石家のヤジに明石家以上のしゃべくりで反論しながら七輪の火おこし
・殿様は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に「ん・・・今度は熱いお茶が怖い」と言ってあげたことがある

530view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-29 (月) 10:39:46 (3395d)