その他

全盛期の電子伝説 

・励起状態は当たり前、波動になることもも
・初回還元反応を頻発
・電子にとっての位置特定は運動量計測のしそこない
・初期状態不明も日常茶飯
・ヘリウム、チームメイト全員安定の状況から1人で付加
・スリットで電子1つが干渉
・電子が2つになるだけでシュレディンガーが泣いて謝った、心臓発作を起こす方程式も
・電流が流れても納得いかなければトンネル効果で半導体から脱出した
・ナトリウムを一睨みしただけで電子が塩素に飛んでいく
・ハイゼンベルグのヤジに流暢な挙動で反論しながら位置特定
・グッとガッツポーズしただけで基底状態
・毒ガスで猫が逃げたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはイチローの励起現象
・M核の深い位置からK核へ楽々発光してた
・病気の中性子に対消滅を約束
・電子は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年をシュレディンガーの猫にしたことがある

689view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-23 (日) 01:20:27 (3830d)