その他

全盛期の八郎伝説

・スイスイとよく伸びるのは当たり前、カンカン固いことも
・八郎にとっての牛(べこ)一匹ほどもある足はまっとまっと大きくなりそこない
・頭に巣をかけた小鳥の鳴き声で起床も日常茶飯
・沖は真ッ暗、村の人大勢して大騒ぎの状況から1人で山担ぎ
・モチョモチョたかる雲も余裕でフイフイ
・一回のウォーイで小鳥めらがピチピチ、チイチイ、チュクチュク、カッコー
・一人で干拓が特技
・浜に立つだけで百姓がたが泣いて喜んだ、ちっちゃな手コパチパチ叩くわらしコも
・樫の木ぐらいあっても納得いかなければ海サ向かって叫(さか)んで帰ってきてた
・あまりに育(おが)ちすぎるから漁師の大魚籠ほどでも鍛冶屋のふいご扱い
・その鍛冶屋の家もスッポと入る
・めんけわらしとこを一睨みしただけで石臼みてえだ涙コ一粒ポローリとこぼす
・手コ使わずに足でほうってたことも
・海がガンガンに怒ってから海の中サ入って行く方が早かった
・海見てワイワイ泣いた男わらしと、田が潮水かぶりそうな父(おど)、母(あば)、村の人ともども助けた
・山コの寒がりに流暢な秋田弁で一喝しながら干拓
・ヤァーッ!ってほうっただけで5haくらい埋まった
・二つに割れた海が太陽まで飛び上がったことは有名
・湾岸戦争が終わったきっかけは八郎のペルシャ湾干拓
・海の腹の中から鹿渡の村の波もケッパッてた
・地中海を楽々干拓してた
・自分の入った海の中から白帆をピューピュー吹くという百姓サービス

763view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-25 (火) 03:40:31 (4012d)