ゲーム

全盛期のテイガー伝説

・3クレ5連敗は当たり前、3クレ8連敗も
・開幕相手の2Aからパーフェクト負けを頻発
・テイガーにとって、500ダメージを与えたというのは闘劇優勝レベル
・開幕3連続パーフェクト負けも日常茶飯
・相手体力1ドット、テイガー体力MAX、タイム残り2秒の状況から逆転負け
・ワンチャンバレーからも余裕で即死
・一回、蟲がついただけでラウンドが3本とられる
・小足で即死
・テイガー使いが座るだけで相手プレイヤーが泣いて歓喜した、余裕のあまり心臓発作を起こすプレイヤーも
・あまりに負けすぎるから相手全ボタン封印
・それでも負ける
・相手が挑発ボタンを押しただけでテイガー即死
・大会の無い日でも1回戦敗退
・相手プレイヤーがレバーを使わないで勝つことも
・自分のビーダマンを自分でくらって即死
・GETBで自爆なんてザラ、2ラウンドとられることも
・K.O.の表示がでるより2ラウンドとられる方が早かった
・レイチェルのカボチャにヒットしただけで死んだ
・ニューのDをスレッジしようとしたら、アーマーごともってかれた
・観客の歓声に反応して画面を見たらすでに試合が終わっていた
・ゲージ溜めをしただけで5ラウンドくらいとられた
・湾岸戦争が始まったきっかけはテイガーを強くしろというプレイヤーの暴動から
・両者画面端の深い位置からも相手の2Aがあたる当たり判定
・テイガー相手ならCPUでも楽々勝てる
・自分のアストラルフィニッシュで自分が2ラウンドとられるというファンサービス
・どうせ勝てないので最初から2ラウンドとられていた時期も
・テイガーがラウンドをとると緊急特別番組が全国に放送されるので警戒されていた
・アルカディアのDVDに出場したがすべてパーフェクトで負けてしまいテレビ的にNG
・相手プレイヤーが超重量のウエイトを着けながらプレイしていたがもちろん相手にはならなかった
・名プレイヤーは小足が止まって見えるというがテイガーはむしろ本当に小足が止まってる
・キャラセレクトで選んだだけで3ラウンドとられた
・テイガーを選んだら次の試合が開始
・あまりにもパーフェクトゲームが多いからまったく傷付かなくなったというテイガー使いの名言
・テイガーには「4ラウンド目」が見えていたらしい
・テイガーが1ラウンド取れればその試合はテイガーの勝ちというルールはもはや伝説
・テイガーが2ラウンドとれれば即闘劇優勝決定という破格のルールも達成できたプレイヤーはなし
・ハンデとして相手が目を瞑って席に座るルールも導入されたが全然ハンデにならなかった
・大会では逆に禁止キャラになる場合も

1555view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-04 (金) 07:45:57 (2696d)