全盛期のアーロン・ガイエル伝説 

・3打席0打数5出塁は当たり前、3打席0打数8出塁も
・相手野手が先頭打者タイムリーエラーを頻発
・ガイエルにとってのホームランはフォアボールの選びそこない
・相手野手が先頭打者サイクルエラーも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況は空間を歪めて作られた幻だった
・ノーバウンドも余裕で見送り→フォアボール
・一回の内野フライでボールが三個見える
・ホームランで観客を黙らせるのが特技
・打席に立つだけで相手投手がキャッチャーミットを見誤った、暴投を連発する投手も
・デッドボールでも納得いかなければ空振り三振して帰ってきてた
・あまりに塁に出すぎるから牽制球でも見逃しストライク扱い
・その牽制球もセカンドがエラー
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間から右翼線に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2四球
・手使わずにバットでデッドボールになったことも
・自分のホームランボールを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返したら、風に煽られて再度スタンドイン
・サードゴロランニングホームランなんてザラ、2周することも
・一塁でアウトになったと思ったらもうベンチに帰って来てた
・ウェイティングサークルでデッドボールを受けた
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それをカバーしようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもエラーが記録された
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論したら、その韓国人が突然消えた
・グッとガッツポーズしただけで5球くらい外れた
・スイングしてないのにハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはガイエルの念力
・ライトの深い位置から際どいライトライナーも後逸してた
・ボーリングの球を楽々死球にしてた
・相手のポロリ球に飛び乗ってスタンド付近を点々とするというファンサービス
・ガイエルは本気を出した事がない
・一塁からいつの間にかホームスチールしてたのはガイエルくらい
・ガイエルが野球をしたら測量中断
・ガイエルが打つと打球がずれる
・病気の子供にサヨナラ押し出しデッドボールを約束
・選球眼がよすぎるせいかアンパイアの際どい判定まで予見できる
・街でガイエルが歩くだけで転倒率が上がる
・ガイエルが立てるスレは良く鯖落ちする
・ガイエルの打球を後逸したことにまだ気づいていない野手も多い
・じつはバットにぎってるのは念力でだけ
・ガイエルが打席に立った時点で出塁でいいだろ
・あまりに出塁ので最初から1塁に立っていた時期も
・フルスイングすると周囲に歪曲空間が発生するので力をセーブしてた
・筋肉番付の打撃版ストラックアウトに出場したが全部ボール球で見送ったためテレビ的にNG
・名打者はボールが止まって見えるというがガイエルはむしろボールを実際に止めていた
・ガイエルが打ったホームランを観客席で見ていた子供が捕ったらすでにボールに「何か喋れ!」と書いてあった
・あまりフライを打つと相手野手がエラーで傷付くから打ちたくないという名言
・ガイエルには「捕飛本」が打てるらしい
・ガイエルの内野フライを捕球できればその試合は相手チームの勝ちというルールはもはや伝説
・内野ゴロをエラーしなければ即相手の優勝決定という破格のルールも達成できたチームはなし
・ハンデとして目を瞑って打席に入るルールも導入されたが当然フォアボールになった

3013view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-02 (金) 17:24:13 (3244d)