全盛期のイチロー伝説

・自宅での昼食は7年間カレー
・3食5杯は当たり前、3食8杯も
・いただきます直後のおかわりを頻発
・イチローにとってのシチューはカレーのできそこない
・おかわり直後のおかわりも日常茶飯
・9倍辛100人前、チームメイト全員食中毒の状況から1人で完食
・フォークでも余裕で食べる
・一回のスイングでスプーンが三本に見える
・ごはんとルーを綺麗に盛るのが特技
・席についただけでインド人店主が泣いて謝った、心臓発作を起こす店員も
・カツカレーに納得いかなければカツ食わないで帰ってきてた
・あまりに食べすぎるから1週間分をまとめて作り置き
・その分もおかわり
・鍋を一睨みしただけで具材から旨みが溶け出していく
・食欲の無い日でもカレーうどん
・スプーン使わずに手で食ってたことも
・自分のおかわり皿を自分でキャッチし大盛りにして投げ返す
・一気食いなんてザラ、2口で食べ終わることも
・満腹になってからのもう一杯の方が早かった
・ウェイティングサークルでカレーパン食ってた
・水を飲もうとしたピッチャーと、それを止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらごちそうさま
・グッとガッツポーズしただけで5皿くらい運ばれてきた
・皿の往復でハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはごはんの炊き忘れ
・ライトの深い位置からキッチンの洗い物も処理してた
・ケータリングのカレーを楽しみにしてた
・自分の皿に飛び乗っておかわりしに行くというファンサービス

4770view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-14 (金) 00:55:05 (3867d)