全盛期のオールブラックス伝説 

・3分5トライは当たり前、3分8トライも
・開幕ノーホイッスルトライを連発
・オールブラックスにとってのラインブレイクはモールの押しそこない
・残り5分、チームメイト全員負傷の状況から1トライで逆転
・ワンバウンドも余裕でキャッチ
・一回のキックでボールが3つに見える
・キックでトライが特技
・ハカを踊るだけで相手選手が泣いて謝った、心臓発作を起こす選手も
・ど真ん中トライでも納得いかなければコンバージョン蹴らずに帰ってきてた
・あまりに強すぎるからペナルティキックで出してもダイレクトタッチ扱い
・そのラインアウトもターンオーバー
・ゴールポストを一睨みしただけでボールがHポールを通っていく
・試合日のない移動日でも2勝
・手を使わずに足でパスしてたことも
・自分のハイパントを自分でキャッチしてレーザービームで蹴り返す
・ゴロパントでトライなんてザラ、ピッチ2往復することも
・ベンチでトライ取った
・タックルしようとしたスタンドと、ポイントに入ろうとしたセンター、ウィング、No.8の選手ともども病院送りにした
・観客の韓国人のヤジに悠長に韓国語で反論しながら背面キャッチ
・グッと歯を食いしばっただけで5m進んだ
・タックルでハリケーンが起きた事は有名
・オールブラックスは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年をU14にスカウトした事がある
・ペナルティキックで60m進めた
・オールブラックスを1分間げいんさせなければその試合は相手の勝ちというルールはもはや伝説
・ペナルティさせられれば即相手チームの優勝決定という破格のルールも達成できたチームはなし
・ハンデとしてスパイクを脱いでコートに入るルールも導入されたが全然ハンデにならなかった

1254view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-01 (土) 11:25:21 (3692d)