全盛期のガイエル伝説 

・3打数5四死球は当たり前、3打数8四死球も
・先頭打者押し出し死球を頻発
・ガイエルにとってのヒットは死球の当たり損ない
・先頭打者サイクル四死球も日常茶飯事
・9回裏100点差、チーム全員負傷の状況から一人で逆転(主に死球で)
・ワンバウンドも余裕で当たる
・一回の打席でピッチャーはガイエルが3人に見える
・バントは苦手
・打席に立つだけで相手投手が帽子を取って謝った、死球をコールする審判も
・四球でも納得いかなければ牽制球に当たって帰ってきてた
・あまりに死球が多いから体に当たってもファール扱い
・それで粘って四球で出塁
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが自分に向かって飛んできた
・試合の無い移動日でも2死球

全盛期のガイエル伝説 

・3打数5出塁は当たり前、5打数8出塁も
・先頭打者押し出しフォアボールを頻発
・ガイエルにとってのホームランはフォアボールの選びそこない
・先頭打者猛魔将も日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で出塁
・ワンバウンドも余裕で見逃し
・一回のスイングでスタンドがどよめく
・無音でホームランが特技
・打席に立つだけで相手投手が悔しがった、時空の歪みを感じる投手も
・フォアボールでも納得いかなければファイブボールまで粘って帰ってきてた
・あまりに歩きすぎるからガイエルの打順は自動的に出塁扱い
・グライシンガーと対戦してもフォアボール
・ピッチャーを一睨みしただけでボールカウントが3つ増える
・試合の無い移動日でも2出塁
・バット持たずにに打席に立ったことも
・自分のホームランボールを自分でキャッチしようとして落球する
・押し出しホームランなんてザラ、2周することも
・一塁まで歩いてからになってからベンチに帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでフォアボール選んだ
・雑談しようとした実況と、それに乗ろうとした解説の元選手、レフトスタンドのヤクルトファンともども気付かないうちにスタンドインさせた
・観客のちびっこの声援に素敵な笑顔を振りまきながら落球
・グッとガッツポーズしただけで5回ぐらい出塁
・スイングで時空の歪みが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはガイエルのバット折りホームラン
・ライトの深い位置から平凡なフライも落球してた
・ボーリングの球を楽々フォアボールにしてた
・自分の打席で12ボールまで粘って三塁まで行くというファンサービス

2061


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-23 (土) 00:46:38 (3832d)