全盛期のガイエル伝説

・3打席数5四死球は当たり前、3打席数8四死球も
・先頭打者押し出し四球を頻発
・ガイエルにとってのホームランは犠牲フライの打ちそこない
・先頭打者犠牲フライも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で死球
・ワンバウンドも余裕で死球
・平凡な外野フライを魔空間でランニングホームランにすることが特技
・スタメンになるだけで相手投手が泣いて謝った、言語障害を起こし話せなくなる投手も
・四球でも納得いかなければ進塁せずに帰ってきてた
・あまりに四球を選びすぎるから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球も体に当て死球に
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが自分に飛んで来る
・試合の無い移動日でも2四球
・バットを使わずにバッターボックスで座ってたことも
・自分の犠牲フライを自分でキャッチしてタッチアップを阻止する
・内野犠牲フライなんてザラ、一塁ランナーを返すことも
・犠牲フライでアウトになってからベンチに帰る方が早かった
・ウェイティングサークルで死球をくらった
・犠牲フライをキャッチしようとしたセンターと、それを中継しようとしたショート、タッチしようとしたキャッチャーの選手ともどもスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらサイレントホームラン
・グッとガッツポーズしただけで5ボールくらい入った
・スイングで魔空間が生じたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはガイエルの場外犠牲フライ
・ライトの深い位置から平凡なフライもエラーしてた
・ボーリングの球を楽々死球にしてた
・バットを折りながらホームランを打ち、バットごとスタンドインさせるというファンサービス
・ガイエルは本気を出した事がない
・一塁から四球を選べるのはガイエルくらい
・ガイエルがケガしたらプロ野球中断
・病気の子供に死球を約束
・ガイエルにボールをぶつけたことにまだ気づいていないピッチャーも多い
・ガイエルはHRを打つと落ち込んでトイレに篭ってしまう
・ガイエルに2打席連続HRを打たしたピッチャーは褒められる
・2打席連続ホームランは「観客はHRに気づけ」という暗号
・ガイエルが落ちてきたりんごを体に引きつけて、自らの持つ万有引力を発見したのは有名
・ガイエルは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に犠牲フライを上げたことがある
・あまりに打つので最初から1塁に立っていた時期も
・フルスイングすると周囲に怪我人が発生するので力をセーブしてた
・ガイエルの打球に米軍のレーダーが反応してしまうので打席中は警戒されていた
・犠牲フライで三塁まで行けた
・ガイエルに当たったボールを後ろで見ていた審判が拾ったらすでにボールにサインがしてあった
・あまり四球を選ぶとと相手投手が傷付くから選びたくないという名言
・ガイエルを一打席打ち取れればその試合は相手チームの勝ちというルールはもはや伝説
・見逃し三振させられれば即相手の優勝決定という破格のルールも達成できたチームはなし
・ハンデとして目を瞑って打席に入るルールも導入されたが全然ストライクが入らなかった

1204view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-16 (土) 23:10:01 (3768d)