全盛期のガルベス伝説 

・3試合5退場は当たり前、3試合8退場も
・先頭打者危険球退場を頻発
・ガルベスにとってのストライクは頭部への投げそこない
・先頭打者押し出し死球も日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員ゴールデングラブの状況から死球を当て続けて逆転
・ワンバウンドも余裕で頭部死球
・バントでホームランが特技
・打たれたホームランより打ったホームランの方が多かった
・打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も
・退場でも納得いかなければ審判にボール投げつけて帰ってきてた
・あまりにぶつけすぎるから牽制球しか投げられない扱い
・その牽制球も死球
・バッターを一睨みしただけでボールが頭部めがけて飛んでいく
・試合の無い移動日でも危険球退場
・ボール使わずに手で殴ってたことも
・相手投手の危険球を素手でキャッチして渾身のストレートで投げ返す
・ツーベース死球なんてザラ、スリーベース死球も
・ブルペンで危険球投げた
・病気の子供に退場を約束
・昔はセンターをしていた
・やめた理由は内野手がガルベスの送球で骨折したから
・ガルベスは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に硬球を投げつけたことがある
・あまりに退場するので最初から退場していた時期も
・フルピッチングすると打者が冥球界行きになるので力をセーブしてぶつけてた

全盛期のガルベス伝説 

・3試合5退場は当たり前、3試合8退場も
・先頭打者死球を頻発
・ガルベスにとっての暴投は頭部への投げそこない
・先頭打者危険球退場も日常茶飯
・9回裏完全試合まであと一人、チームメイト全員緊張の状況から1人で危険球退場
・ワンバウンドも余裕で危険球
・相手のバントに危険球が特技
・マウンドに立つだけで相手打者が泣いて謝った、心臓発作を起こす審判も
・退場でも納得いかなければ審判にボール投げつけて帰ってきてた
・あまりにぶつけすぎるから牽制球でも危険球扱い
・バッターを一睨みしただけでボールが頭部めがけて飛んでいく
・試合の無い移動日でも危険球退場
・ボール使わずに手で殴ってたことも
・自分の危険球を自分でキャッチして渾身のストレートで投げ返す
・死球で打者1順なんてザラ、打者2順することも
・危険球で退場になってからベンチに帰る方が早かった
・ブルペンで危険球投げた

1790view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-23 (土) 00:34:22 (3887d)