全盛期のガルベス伝説 

・3試合5乱闘は当たり前、3試合8乱闘も
・満塁ホームランを頻発
・ガルベスにとっての完封勝利は乱闘のしそこない
・先頭打者相手に乱闘するのも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で乱闘
・一回のパンチで拳が三発に見える
・打席でホームランが特技
・マウンドに立つだけで審判が泣いて謝った、心臓発作を起こす同僚も
・ストライクの判定に納得いかなければ乱闘仕掛けて帰ってった
・あまりに乱闘するから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球がきっかけで乱闘
・試合の無い移動日でも2乱闘
・拳使わずにバットで殴ってたことも
・自分のホームランボールを自分でキャッチしてキレのある変化球で投げ返す
・一塁ランナーが出たらすぐベンチに帰ってしまった
・ピッチャーマウンドでホームラン打った
・直球キャッチしようとしたキャッチャーと、それを受け止めようとした審判ともども内野席にスタンドインさせた
・韓国人の招聘に流暢な韓国語で応答しながら移籍
・その韓国でも乱闘
・グッとファイティングポーズしただけで5人くらい怪我した
・パンチでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはガルベスの乱闘
・ライトの深い位置からボール投げて三者凡退に抑えた
・ボーリングの球で楽々160km/h出してた
・自分の投げた球に飛び乗って審判を殴り倒すというファンサービス

1534view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-08 (木) 12:50:07 (3756d)