全盛期のイチロー伝説。スタジアムは全席満員

・3打数5安打は当たり前、3打数8安打も。これはアンダーシャツの機能性が影響しているんだよ
・先頭打者満塁ホームランを頻発。相手は戦闘意欲を失うよね
・イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。これじゃ気分が乗らないや
・先頭打者サイクルヒットも日常茶飯。これなら気分はサイコゥ
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で逆転。どうやって逆転したかは不詳
・ワンバウンドも余裕でヒット。あまりに余裕があるから「わんばんこ!」って挨拶しちゃう
・一回のスイングでバットが三本に見える。これで三方に打ち分けてる
・バントでホームランが特技。勢いよくバンッとプッシュするんだ
・打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も。マリナーズに内定して、親族も大喜び
・ホームランでも納得いかなければサードベース踏まないで帰ってきてた、チームプレイかというと、さぁどうだろう?
・あまりに打ちすぎるから牽制球でもストライク扱い。知らずに牽制をする投手は無知すぎる
・その牽制球もヒット。性急な対策が必要だね
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間に飛んでいく。あまりの出来事に入棺しちゃう
・試合の無い移動日でも2安打。にゃんだか意味がわからない
・バット使わずに手で打ってたことも。but、それでも内野安打にしたらしい
・自分のホームランボールを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返す。その速さにレーサーも諦めて、家でビールを飲み始めるらしいよ
・内野ランニングホームランなんてザラ、2周することも。なんて残忍ぐな点の取り方だ
・一塁でアウトになってからベンチに帰る方が早かった。帰る時はベンツに乗ってたらしいよ
・ウェイティングサークルでヒット打った。天狗も勝負を避ーけるほどの強打者だね
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもスタンドインさせた。首脳陣も『来期契約』のスタンプの印を押しちゃう
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら背面キャッチ。コリァ、マイッタ!
・グッとガッツポーズしただけで5点くらい入った。がっつり得点を奪うよ
・スイングでハリケーンが起きたことは有名。ユニホームがはち切れーんばかりの豪腕だね
・湾岸戦争が始まったきっかけはイチローの場外ホームラン。イージス艦の船倉を突き破ったんだってさ
・ライトの深い位置から三塁線のスクイズも処理してた。救いようのないバント処理だ
・ボーリングの球を楽々ホームランにしてた。これで点を入れられたんじゃあ暴利んぐだね
・自分の打球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス。お客さんもさーびしくない

1932view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-24 (月) 02:48:14 (3341d)