全盛期のタイガー・ウッズ伝説 

・1ラウンド50アンダーは当たり前、調子がいい時は100アンダーも
・スタート直後に1ラウンドを終えたことも頻発
・バックスピンで100ヤード戻ることも日常茶飯事
・タイガー・ウッズにとってのホールインワンはフェアウェイキープの打ちそこない
・ラストホール、100オーバー、クラブ全部が折れた状況から逆転優勝
・ショートコースでも余裕でアルバトロス
・一回のスイングでクラブが三本に見える
・ティーショットでホールをぶち折るのが特技
・ティーグラウンドに立つだけでキャディーが泣いて謝った、心臓発作を起こすキャディーも
・マスターズ優勝でも納得いかなければグリーンジャケットを燃やして帰ってた
・あまりに上手過ぎて他の選手より1km後ろからスタートしたコースもある
・そのコースもホールインワン
・ゴルフボールを一睨みしただけでカップに向かってに飛んでいく
・試合の無い日でも優勝
・クラブを使わずに傘で打ってたことも
・自分のパットを自分で打ち返してしてボギー
・自分以外全員1ホール目なんてザラ、2ラウンド差も付けることも
・試合が終わってからのみんゴルの方が上手かった
・自宅から打ってホールインワンした
・タイガー・ウッズに雨の日はない
・観客席目掛けて打ったボールで観客ともどもホールインワンした
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらパット
・グッとガッツポーズしただけでカップへの光の道が見える
・スイングで風向きを変えたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはタイガー・ウッズのOB
・他の選手の打ちそこないも処理してた
・ボーリングの球を楽々ホールインワンにしてた
・自分の打球に飛び乗って自分もろともホールインワンするというファンサービス

3388view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-27 (水) 13:05:34 (3640d)