全盛期のディープインパクト伝説

・3走してG5連勝は当たり前。3走してG8連勝も。
・日本レコード走破を頻発
・ディープにとってレコード勝ちは3F上がり30秒の出来そこない
・全コースレコード更新も日常茶飯
・4コーナー手前でブービーと30馬身の差があるにも関わらずゴールした時点で2着に18馬身つけて勝った
・1完歩で1F走破
・ゲートに収まるだけで金子が泣いて喜んだ。心臓発作を起こす池江
・あまりにも勝ちすぎるからウイニングランですらG1勝扱い
・その1勝すらもレコードタイム
・1発ムチを入れただけで実況が「これが日本近代競馬の結晶だ!!」
・調教日である水木ですら1着
・足をつかずに飛行してレースしたことも
・府中2400mが1200mのレコードタイムより早かった
・自分の体重を自分で調教して調節
・出遅れても大差勝ちなんてザラ。京都3200mを2周することも
・返し馬で上がり3Fが33秒フラット
・スターティングゲート、ゲートの係員ともども引き連れてゴールした
・観衆の黄色い声援にドイツ語で答えながらも大差勝ち
・いなないただけで本賞金1億円加算
・追い込みで芝が抉れてダートコースになったのは有名
・国際レーティングが始まったきっかけはディープの若駒S
・斤量70kgをらくらく馬なりで大差勝ち
・勇気の翼を一杯に広げてスタンド前まで行くファンサービス

1167view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-18 (土) 23:49:54 (3290d)