【NFL】 全盛期のトロイ・ポラマル伝説 【PITのSS】

・3試合5モヒョは当たり前、3試合8モヒョも
・キックオフ→フアンブルリカバータッチダウンを頻発
・ポラマルにとってのパスカットはインターセプトのしそこない
・オーバータイム、セカンダリー全員ブリッツの状態から一人でインターセプト
・投げ捨ても余裕でインターセプト
・一回のタックルで腕が三本に見える
・フライングボディアタックが特技
・フィールドに立っただけでオフェンスコーディネーターが泣いて謝った、心臓発作を起こすQBも
・インターセプトでも納得いかなければTDしないで帰ってきた
・あまりにターンノーバーしすぎるからスパイクでもファーストダウン扱い
・そのスパイクもターンノーバー
・QBを一睨みしただけでボールがポラマルに飛んでいく
・試合の無い移動日でも2モヒョ
・手を使わずに足でインターセプトした事も
・自分でディフレクトしたボールを自分でキャッチしてQBに投げ返してサック
・エンドゾーンでターンノーバーしてからTDする方が早かった
・治療室でターンノーバーした
・タッチダウンしようとしたランニングバックとリードブロッカー、それを止めようとしたディフェンスエンド、ラインバッカー、コーナーバックともども吹き飛ばした
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら背面キャッチ
・グッとガッツポーズしただけで2点入った
・ブリッツでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはポラマルのタッチダウンセレブレーション
・ブリッツ後にヘイルメアリーパスを処理してた
・ボーリングの球を楽々インターセプトした
・ポラマルは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年にモップを買ってあげたことがある

1807view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-13 (金) 01:20:34 (3413d)