全盛期のブライアント伝説 

・3打数5本塁打5三振は当たり前、3打数8本塁打8三振も
・ブライアントにとってのホームランは三振のしそこない
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で三振 、その後ホームラン
・ワンバウンドも余裕で三振
・一回のスイングでバットを三本へし折る
・三振しながらホームランが特技
・打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も
・ホームランでも納得いかなければ次の打席で三振してた
・あまりに三振しすぎるから牽制球でもボール扱い
・その牽制球も空振り
・ピッチャーを一睨みしただけでボールがライトスタンド場外に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2本塁打、2三振
・自分のホームランボールを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返し、自分で空振り
・打つスイングより戻しのスイングの方が早かった
・ウェイティングサークルでホームラン打った
・グッとガッツポーズしただけで5三振
・湾岸戦争が始まったきっかけはブライアントの場外ホームラン

1089view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-23 (水) 14:32:34 (3860d)