全盛期のマルティネス伝説 

・3試合5エラーは当たり前、3試合8エラーも
・先頭打者満塁サヨナラエラーを頻発
・マルにとってのホームランはエラーの誘いそこない
・フルスイングしただけでバットがキャッチャーの頭部に直撃する
・ボーリングの球を楽々場外にしてた
・一回の送球でボールが3つに見える
・内角のボールも余裕でホームラン
・外野守備につくだけで味方投手から抗議が殺到した、監督に直訴する投手も
・あまりに鈍足なのでアウトのタイミングでもセーフ扱い
・マルが3塁打を打ったらその試合は自身のチームの勝ちというルールはもはや伝説
・グッとガッツポーズしただけで5併殺ぐらいした
・湾岸戦争が始まったきっかけはマルの盗塁成功
・清原とポジションが被ったので長嶋監督はキャッチャーの練習をさせた

1070view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-28 (月) 12:57:22 (3705d)