全盛期の千葉ロッテマリーンズ伝説 

・一イニング3残塁は当り前、1イニング6残塁も
・先頭打者ZGSを頻発
・ロッテにとっての登録抹消は弁当販売のしそこない
・先頭打者PZGSも日常茶飯事
・コバマサも余裕で劇場
・ZGS達成も納得いかなければ敵にもZGSして帰ってきた
・あまりにZGSしすぎるから牽制球でもタイムリー扱い
・その牽制球でもGZS
・マウンドに立つだけでファンが泣いて謝った、心臓発作を起こすファンも
・福浦を一睨みしただけで髪が減っていく
・初芝は本気を出した事がない
・試合の無い移動日でもZGS
・18連敗は「今日はカレーが食べたい」という暗号
・ウェイティングサークルで劇場した
・よしこの打球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス
・グッとガッツポーズしただけで5残塁
・清水が打たれたホームランを観客席で見ていた子供が捕ったらすでにボールにサインがしてあった
・湾岸戦争が始まったきっかけはロッテの全イニングUZGS
・ロッテの残塁数に米軍のレーダーが反応してしまうので攻撃中は警戒されいた
・名打者はボールが止まって見えるというがロッテはむしろランナーが止まって見えた
・ハンデとして無死満塁ルールも導入されたが全然ハンデにならなかった

1389view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-23 (水) 14:31:20 (3860d)