全盛期のワンちゃん伝説 

・3打席5敬遠は当たり前、3打席8敬遠も
・9回裏満塁敬遠を頻発
・ワンちゃんにとってのホームランは最低限の仕事
・ONアベック砲も日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で素振り
・ワンバウンドは見送り
・一回の入浴で足が三本に見える
・ピッチャー鹿取が特技
・マウンドに行くだけで鹿取が泣いて謝った、心臓発作を起こす山倉も
・納得いかないホームランでもサードベース踏んで帰ってきてた
・あまりにビッグすぎるからストライクでもボール扱い
・そのボールもホームラン
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間に飛んでいく
・試合の無い移動日にはピアノ
・バット使わずにナボナで打ってたことも
・自分のホームランボールを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返す
・内野ランニングホームランなんてありえない、ゲッツー食らうことも
・一塁でアウトになってからベンチに帰って即素振り
・ウェイティングサークルから王シフト
・空白の一日で入団しようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたチームメイト、マスコミ、ともども嫌いになった
・観客の日本人のヤジに長島が意味不明なチョーさん語で反論しながらトンネル
・グッとガッツポーズするのは相手に失礼なのでしなかった
・スイングで畳が擦り切れたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはフセインのクウェート侵攻
・ファースト定位置から三塁線のスクイズは処理しなかった
・ボーリングのピンを楽々ストライクしてた
・自分の打球に合わせて白いボールを歌うというファンサービス

・ワンチャンはつねに本気を出している
・一塁からバックホームできるのはワンチャンだけとは限らない
・ワンちゃんがケガしたらスポーツニュースのトップ
・ワンちゃんが打つと世界記録が更新される
・病気の子供にホームランを約束したことはないが結局打った
・昔はピッチャーをしていた
・やめた理由は王貞治のバッティングができなくなったから
・一塁からセカンドへスチールしたこともあった
・選球眼がよすぎるせいかフォアボール数だけで2000以上
・街でワンちゃんが歩くだけで人だかりができる
・ワンちゃんが話題のWBC関連スレは伸びる
・ワンちゃんに本塁打された本数を覚えていないピッチャーも多い
・ワンちゃんはHRを打つと土井が落ち込んでトイレに篭ってしまう
・じつはバットにぎっていないのは右手の小指だけ
・ワンちゃんが打席に立った時点で敬遠でいいだろ
・ワンちゃんに2打席三振を食らわせた江夏は褒められる
・2打席連続アベックホームランは「ナボナはお菓子のホームラン王」という暗号
・ワンちゃんが落ちてきたボールをバットで打ってフォークを打倒したのは有名
・フライキャッチ後のレーザービームで飛び出した走者を刺したのはあまりにも有名
・ワンちゃんは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に出会ったことがない

885view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-08 (木) 12:44:10 (3815d)