全盛期の稲尾伝説

・年間30勝は当たり前、年間50勝も
・先頭打者打ち取り1アウト完全試合を頻発
・先頭打者ノーヒットノーランも日常茶飯
・ワンバウンドも余裕でストライク
・打者曰く「一球でボールが三個に見える」
・そのため審判は一球で3ストライクをコールすることも
・あまりに抑えすぎるからど真ん中でもボール扱い
・バッターを一睨みしただけでカウントがツーナッシングに
・試合の無い移動日でも1勝
・ボール使わずに投げてたことも
・自分の投げたボールを自分でホームランにするがベースを周らないため自責点はつかない
・バッターアウトのついでにウェイティングサークルの打者もアウトにした
・調子がいいとベンチ入りメンバーすらアウトにすることも
・グッとガッツポーズしただけで軽く3アウトくらい
・ピッチングで台風をかき消したことは有名
・ピッチャーの位置からレフトへのポテンヒットも処理してた
・ボーリングの球でも楽々160km
・稲尾でありながらたまにスコアボードに稲生という異名も書かれる
・日本シリーズでは巨人相手に盛り上げるためにわざと3連敗した後、自分で4連投して4連勝
・鉄腕アトムは鉄腕稲尾がモデル

1881view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-23 (水) 14:34:18 (3742d)