全盛期の横浜伝説

3戦5敗は当たり前、3戦8敗も
初回先頭打者満塁被ホームランを頻発
横浜にとっての引き分けは負けそこない
初回先頭打者コールドゲーム負けも日常茶飯事
9回裏100点差、相手チーム全員負傷の状況から逆転負け
フルスイングでバットが止まって見える
バントでトリプルプレー
打席に立つだけで相手投手が泣いて喜んだ、踊り出す投手も
ホームランを打ったがサードベース踏まないで帰ってきた
あまりに弱すぎるから移動日でも不戦勝扱い
その移動日もコールド負け
ピッチャーを一睨みしたがボールはキャッチャーミットに吸い込まれていく
試合の無い移動日でも2敗
バット使わずにラケットで打っていたことも
自分のホームランボールを自分でキャッチして守備妨害
内野ランニングホームランなんてザラ、2周されることも
一塁でアウトになってから呑みに行く方が早かった
ウェイティングサークルでアウトになった
打球キャッチしようとしたピッチャー、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともども射殺された
観客の韓国人のヤジに反論しながら顔面キャッチ
グッとガッツポーズしただけで5点くらい取られた
サヨナラ勝ちで地球が割れたたことは有名
湾岸戦争が始まったきっかけは大矢のクソ采配
ライトスタンドのファンから三塁線のスクイズも処理された
ボウリングの球を楽々ホームランにされた
自分の打球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス
→ファンに殺されかける
全盛期の佐伯が打ったホームランボールを観客席で見ていた子供が捕ったんだが、すぐに投げ返された

1450view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-09 (金) 12:14:52 (3750d)