全盛期の王貞治伝説

・3打数5ホーマーは当たり前、3打数8ホーマーも
・4番打者サイレンホームランを頻発
・試合終了200点差、チームメイト相手チーム全員帰宅の状況から1人で逆転
・捕手の返球も余裕でホームラン
・打席に立つだけで相手コーチが泣いて謝った、ションベンちびる監督も
・あまりに打ちすぎるから投げなくてもストライク扱い
・投げなくてもホームラン
・ピッチャーを一睨みしただけでボールがバックスクリーンに消えていく
・試合の無い移動日でも4ホーマー
・バット使わずにチンコで打ってたことも
・自分のホームランボールを自分でキャッチして一塁送球して自分でショーバン処理
・場外ホームランなんてザラ、地球を2周することも
・一塁でアウトになってからベンチ裏でタバコ吸ってる方が早かった
・ベンチからホームラン打った
・観客の台湾人のヤジに流暢な母国語で反論しながらショーバン処理
・グッとナボナしただけで5点くらい入った
・森の詩もよろしく
・スイングでモンスーンが起きたことは有名
・朝鮮戦争が始まったきっかけは王の場外ホームランが38度線に届いたから
・ファーストからレフトポール際の飛球も処理してた
・解体用の鉄球を楽々ホームランにしてた
・自分の打球に飛び乗って実家に帰るという親孝行

1246view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-19 (月) 02:58:53 (3012d)