全盛期のイチロー伝説 

・3戦5判定勝ちは当たり前、3戦8判定勝ちも
・第1ラウンド判定勝ちを頻発
・亀田にとってのKO勝利は判定での勝ちそこない
・9ラウンド100点差、セコンド全員負傷の状況から1人で逆転
・第1ラウンドダウンも余裕で判定勝ち
・一回の左ストレートで腕が三本に見える
・ジャブでタイ人KOが特技
・リングに立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こすタイ人も
・KO勝ちでも納得いかなければベルトを巻かないで帰ってきてた
・あまりに速すぎるからローブローでも有効打扱い
・そのローブローでKO勝利
・タイ人を一メンチしただけで相手が二メートル飛んでいく
・試合の無い移動日でも2勝
・ジャブを使わずに肘で打ってたことも
・自分のストレートを自分でガードしてクロスカウンターで殴り返す
・1ラウンドで勝者になってからマイクパフォーマンスに入る方が早かった
・選手控え室で判定勝ちした

全盛期のカメタ伝説 

・3戦5勝は当たり前、3戦8勝も
・1R判定勝利を頻発
・亀田にとってのKO勝利は相手陣営タオルの投げそこない
・1RTKO勝利も日常茶飯
・9R100点差、セコンド全員負傷の状況から1人で逆転
・ローブローも余裕でヒット
・一回の試合で相手タイ人が三十路に見える
・ジャブで失神KOが特技
・リングに立つだけで相手ボクサーが泣いて謝った、心臓発作を起こすボクサーも
・KO勝利でも納得いかなければビッグマウス吹かさないで帰ってきてた
・あまりに勝ちすぎるから噛ませ犬でも最強挑戦者扱い
・その噛ませ犬にも判定で勝利
・タイ人を一睨み(メンチ)しただけで噛ませ犬が2メートル後ろに飛んでいく
・試合の無い移動日でも2KO勝利
・グローブ使わずに素手で殴ってたことも

全盛期の亀田伝説 

・八百長でも判定ちはあたりまえ、たまにガチなのに判定勝ちも
・1ラウンドで判定勝ちを頻発
・亀田にとってのKOは相手のヤオのしそこない
・12ラウンド11点差、両目、両拳負傷の状況から判定で逆転
・八百長でも余裕で判定勝ち
・ローブローで反則が特技
・計量に立つだけで相手が泣いて謝った、面倒くさいから帰る選手も
・判定で納得いかなくとも勝ちは勝ちだからと、とりあえず帰ってきてた
・あまりに吹きすぎるから普通の話でも放送事故扱い
・その放送事故も八百長
・相手を一睨みしただけで効いた風にダウン
・試合の無い移動日でも八百長
・グローブ使わずに素手で戦っていたが反則
・自分のアッパーを自分でもらって出血して途中負傷判定勝ち
・弱い相手にも八百長なんてザラ、2倍払うことも
・一ラウンドでKO負けしたが、判定勝ちになるほうが早かった。
・記者会見でも八百長
・ラウンド間に解説していた鬼塚とともに八百長判定勝ち
・観客の韓国人のヤジに訳のわからない叫び声を上げながら判定勝ち
・グッとガッツポーズしただけで5ポイントリード
・アッパーでハリケーンが起きた話もヤオ
・湾岸戦争が始まったきっかけはT-BOLANの国家独唱
・赤コーナーから青コーナーの相手に対してのジャブでダウンを奪う
・一勝も上げた事のないタイ人と戦っても楽々八百長にしていた。
・亀田はヤオでも本気だ
・病気の子供に約束はできない
・亀田がリングに立った時点で八百長勝ちでいいだろ
・2試合連続KO勝ちは「今日はカレーが食べたいんや」という暗号
・亀田は落ちてきたりんごをジャブで捕らえたが万有引力を知らなかったのは有名
・亀田は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に気付かなかった

全盛期の亀田伝説 

・3戦5勝は当たり前、3戦8勝も
・1ラウンドで判定勝ちを頻発
・亀田にとっての敗北は関係者との連絡ミス
・最終ラウンドまでダウンを奪われ続け、相手にパンチを一発も当てられなかったが奇跡の判定勝ち
・パンチが当たらなくても相手をダウンさせる事が出来る
・リングに立つだけで相手が試合放棄した
・負けても気に入らなければ金をバラまき判定を覆させた
・相手のセコンドを一睨みしただけでタオルがリングに飛んで来る
・グローブを使わずにメリケンサックで殴ったことも
・自分のパンチを自分でくらってダウンする
・KO勝ちを狙うより判定勝ちの方が早かった
・試合前の控え室でパンチを打った
・観客のヤジにカタコトの日本語で反論しながらダウン
・グッとガッツポーズをしただけでレフリーが試合を止めた
・試合後にブーイングが起きるのはあまりにも有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは亀田の判定勝ち

全盛期の亀田次男伝説

・一試合5反則は当たり前、1ラウンド8反則も
・内藤の股間にヘッドバットを頻発
・亀田にとってのクリーンヒットは目潰しのやりそこない
・ボディスラムも日常茶飯事
・最終ラウンドで逆転の見込みなし、疲労困憊の状況から投げ技発動
・実況もこれを余裕で擁護
・一回の反則で減点が3に見える
・タックルで押し倒してスープレックスが特技
・相手の古傷をバッティングで出血させても納得いかなければ執拗に狙って攻撃した
・あまりに反則するからレフェリーも制止
・そのレフェリーも無視
・取材陣を一睨みしただけで負けたら切腹の公約が因果地平の彼方に飛んでいく
・パンチを使わずに柔道の技を出したことも
・負けてから会場から逃亡する方が早かった
・観客の野次に流暢な亀田語で反論しながらすくい投げ
・ビッグマウスで勝利を公約しておいて醜い負け方をするというファンサービス

全盛期の亀田父伝説

・3試合5警告は当たり前、3試合8警告も
・相手選手恫喝を頻発
・ライセンス剥奪も日常茶飯
・9ラウンド目100点差、兄弟全員負傷の状況から1人で恫喝
・生放送も余裕で喧嘩
・無免許でトレーナーが特技
・勝ち試合でも納得いかなければレフェリーを侮辱して帰ってきてた
・あまりにガラ悪すぎるからやくみつるでもチンピラ扱い
・そのやくも恫喝
・試合の無い移動日でも2警告
・謝罪会見の記者の質問に流暢な巻き舌で反論しながら背面メンチ
・自分の反則指示疑惑を息子のせいにするというファンサービス

1541view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-23 (土) 00:24:55 (3798d)