全盛期の吉見祐治伝説

・3試合5被弾は当たり前、3回8失点も
・先頭打者フォアボールを頻発
・吉見にとっての被安打は本塁打の打たれそこない
・先頭打者初球被安打も日常茶飯時
・9回、完全試合目前の状況から代走要員にエンタイトルツーベースを打たれる
・ルイスのスライダーも余裕でヒット
・一回の打席のスイングが首位打者に見える
・八番打者バント→吉見勝負が特技
・打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も
・奪三振でも納得いかなければホームランを打たれて降板してきた
・あまりに打ちすぎるから相手バッテリーがインコース勝負
・そのインローの変化球もヒット
・バッターを一睨みしただけでボールがバックスクリーンに飛んでいく
・試合の無い移動日でも2被弾
・登板せずに偵察スタメンだったことも
・自分の決め球を自分で打ってフェンス直撃
・タイムリーツーベースなんてザラ、決勝タイムリーも
・打席が回ってくるより降板する方が早かった
・ブルペンで被弾した
・打球キャッチしようとした吉見自身と、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもスタンドインさせられた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらクリーンヒット
・グッとガッツポーズしただけで5失点した
・スイングでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは吉見の完封
・内野の真ん中の位置を守る野手だった
・ボーリングの球も楽々スタンドへ運ばれた
・自分の打たれた打球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス

1029view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-08 (水) 11:20:17 (3534d)