全盛期の金子誠伝説

・3試合5打順調整は当たり前、3試合8打順調整も
・先頭打者ダブルプレーを頻発
・金子誠にとっての内野安打は併殺打の打ちそこない
・9回裏同点で1死満塁、カウント0-3からでもきっちりゲッツー
・ワンバウンドも余裕で空振り
・打席に立つだけでファンが泣いて諦めた、心臓発作を起こすファンも
・併殺崩れでも納得いかなければファーストベース踏まないで帰ってきてた
・あまりに打たなさすぎるからワンボールでもフォアボール扱い
・そのボールも空振り
・ランナーを一睨みしただけで三振ゲッツー
・自分のショートゴロを自分でキャッチしてダブルプレー
・ダブルプレーなんてザラ、ありえない走塁でランナーを憤死させて打順調整することも
・グッとガッツポーズするのはマンドクセなのでやらない
・南オセチア紛争が始まったきっかけは金子誠の悪送球
・金子誠が本気を出すのはヒーローインタビューだけ
・金子誠から三振を奪ったことにまだ気付いていないピッチャーも多い
・審判や記録員すら気付かずに4アウトはもはや夏の風物詩
・金子誠に2打席連続ヒットを打たしたピッチャーはパ・リーグのアグリーメントで即退場
・代走須永の発案者が金子誠というのはあまりにも有名
・あまりに打たないのでアウトを宣告されて打順が飛ばされた時期も
・それでもゲッツーよりはマシと監督は手を叩いて喜んだ
・名打者はボールが止まって見えるというが金子誠の打球はむしろ誰の目にも止まって見えた
・金子誠が満塁に強い・ツーベースをよく打つという都市伝説がまことしやかにささやかれた
・その都市伝説が札幌市議会で取り上げられたが議会は空転、議長は引責辞任
・延長のもつれた場面で金子誠に代打を送った監督が遅延行為で退場させられた

1937view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-15 (月) 12:27:58 (3683d)