全盛期の後藤光尊伝説  二三遊を守るので守備位置がごちゃ混ぜになってる 

・3守備機会5エラーは当たり前、3エラー中8タイムリーエラーも
・先頭打者初球ぽpを頻発 中継が始まったら既にワンナウトになっていることも
・後藤にとってのゴロは外野フライの打ちそこない
・先頭打者をエラーで出塁も日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人でぽp
・ワンバウンドは余裕でさばく
・一回の守備機会でグラブが手からすっぽ抜ける
・バントで捕邪飛が特技
・打席に立つだけで相手投手が笑い転げた、心臓発作を起こす投手も
・ライト線ツーベースでも納得いかなければセカンドフライで帰ってきてた
・あまりに魔送球だから悪送球でもアウト扱い
・その悪送球もそもそも投げれない
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間に上がっていく
・試合の無い移動日でも2エラー
・グラブ使わずに手で捕球してたことも
・自分のホームランボールを観客がキャッチしてそのまま持ち帰られた
・内野フライなんてザラ、外野フライすることも
・一塁でアウトになってからベンチに帰る方が早かった
・ベンチでエラーした
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、センターの選手を押しのけてエラー
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらサードゴロをお手玉
・グッとガッツポーズしただけで5点くらい入った(相手に)
・ヘディング事件でハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは後藤が正面のゴロをまともに処理した事
・サードの深い位置から三塁線のスクイズを好守で阻んだ
・ボーリングの球は楽々アウトにできた
・自分のエラーしたボールですべって転ぶというファンサービス

&counter(total);


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-23 (水) 10:51:50 (3804d)