全盛期の後藤光尊伝説

・3打数1安打は普通、3打数2安打もたまに
・先頭打者ぽpを頻発
・後藤にとってのホームランはチームの明るい材料の一つ
・初球狙いでヒットも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況からとりあえずシングルヒット
・ワンバウンドは余裕で手を出さない
・一回のスイングでバットが一本に見える
・清水直からホームランが特技
・打席に立つだけで相手左腕が優越感を抱いた、でも稀に打たれる投手も
・ホームランで納得いかなければ「まあいいや」でハイタッチに向かう
・あまりに打ちすぎるから牽制球でもストライク扱いされることを夢見る
・その牽制球で牽制死を頻発
・ピッチャーを一睨みして打席に立つ
・試合の無い移動日は特に何もない
・バット使わずに手で打ったことはない
・自分のホームランボールを観客がキャッチしてそのまま持ち帰る
・内野ランニングホームランなんて見たことがない
・一塁でアウトになってからベンチに帰って次の打者を見守った
・ウェイティングサークルでヒット打つイメトレを重ねる
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもフライを目で追った
・観客の韓国人のヤジは聞き取れないので受け流す
・グッとガッツポーズしただけで5人ぐらい友達になった
・スイングで風斬り音が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはよく覚えていない
・ライトを守ったことがない
・大学1年生で当時のエースの球をホームランにしてた
・ドラフト10位入団から一軍定着まで這い上がるという根性

1229view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-22 (火) 23:41:16 (3652d)