全盛期の今岡伝説 

・1振りで5打点は当たり前、1振り8打点も
・先頭打者変態ホームランを頻発
・今岡にとってのヒットは二ゴロの打ちそこない
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で打点
・バットが届かないボールも余裕でヒット
・一回のスイングで胴が長く見える
・ぽpでホームランが特技
・胴を見せるだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も
・ホームランでも納得いかなければ口を尖らせて帰ってきてた
・あまりに変態すぎるから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球もヒット
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二塁手に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2打点
・バット使わずに胴で打ってたことも
・自分の二ゴロを自分でキャッチしてコルク手首で打ち返す
・レフトゴロなんてザラ、ボールが2往復することも
・一塁でアウトになってからベンチに帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでヒット打った
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら胴長キャッチ
・グッとガッツポーズしただけで5点くらい入った
・スイングでハリケーンが起きたことは有名
・道頓堀ダイブが始まったきっかけは今岡の変態ホームラン
・サードの浅い位置から三塁線のスクイズも任せてた
・ボーリングの球を楽々ホームランにしてた
・自分の打球に飛び乗ってセカンドまで行くというファンサービス

全盛期の今岡伝説

・1本塁打5打点は当たり前、1本塁打8打点も
・先頭打者満塁ホームランを頻発
・今岡にとってのボール見逃しはホームランの打ちそこない
・先頭打者タイムリーツーベースも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で逆転
・敬遠球も余裕でヒット
・一回のスイングで打点が三点に見える
・バントで満塁ホームランが特技
・打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も
・満塁ホームランでも納得いかなければもう一本打って帰ってきてた
・あまりに打ちすぎるからボークでもストライク扱い
・そのボークもタイムリー
・ピッチャーを一睨みしただけでボールがレフトスタンドに飛んでいく
・試合の無い移動日でも2打点
・ど真ん中打たずに外角低め打ってたことも
・内野ランニング満塁ホームランなんてザラ、2周することも
・試合始まってから打点つく方が早かった
・ウェイティングサークルでタイムリー打った
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら満塁ホームラン
・グッとガッツポーズしただけで5点くらい入った
・スイングでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは今岡の変態打法
・サードの深い位置から三塁線のスクイズも処理してた
・内角高めの球を楽々ホームランにしてた
・自分の打点に応じてお金を寄付するというファンサービス

最悪時代の今岡伝説

・3打数0安打は当たり前、12打数0安打も
・先頭打者満塁から三振を頻発
・今岡にとってのホームランはやる気の無い三振のしそこない
・先頭打者併殺打も日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で併殺
・ワンバウンドも余裕で三振
・一回の守備でボールが三個に見える
・バントで三振が特技
・打席に立つだけで相手投手が泣いて感謝した、心臓発作を起こす秀太も
・三振でも納得いかなければファーストベース踏まないで帰ってきてた
・あまりに空振りするから牽制球でもボール扱い
・その牽制球も三振
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが三塁真正面に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2併殺
・バット使わずにラケットで打ってたことも
・ウェイティングサークルで三振してた
・観客の韓国人のヤジに意味不明な日本語で反論しながら三球三振
・グッとガッツポーズしただけで5併殺くらいした
・スイングでそよ風が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは今岡のトリプルプレー
・自分の打球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス
・今岡は本気を出した事がない
・今岡がケガしたら秀太出場
・病気の子供に併殺打を約束
・昔はショートをしていた
・やめた理由はコンバートされたから
・街で今岡が歩くだけで東出に間違えられる
・今岡が打席に立った時点で併殺でいいだろ
・今岡に2打席連続併殺を打たしたピッチャーは褒められる
・2打席連続併殺は「今日も野村監督に怒られる」という暗号
・今岡は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に将棋の駒を買ってあげたことがある
・あまりに併殺が多いので最初からベンチに入っていた時期も
・フォアボールで一塁まで行けた
・あまりにも併殺打を打つと味方投手が傷付くから打ちたくないという名言
・今岡には「四球」が見えていなかったらしい
・後の東出である

2530view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-19 (火) 12:38:34 (3771d)