全盛期の三橋廉伝説 

・3球種9分割は当たり前、5球種27分割も
・先頭打者完全試合を頻発
・三橋にとっての空振り三振は見逃し三振の取りそこない
・先頭打者トリプルプレイも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員敵の状況から1人で完投
・ワンバウンドも余裕でサインどおり
・一回の投球でバッターが三度見する
・直球で100km/hが特技
・阿部さんが立つだけで三橋が泣いて謝った、心臓発作を起こす三橋も
・三振でも納得いかなければ阿部さんに何も言えずに帰ってきてた
・あまりにストライクゾーン分割しすぎるからど真ん中以外ボール扱い
・そのど真ん中も17分割
・バッターが一睨みしただけで平常心が二遊間に飛んでいく
・練習の無い休日でも200球
・サイン使わずに自分で組んでたことも
・自分のまっすぐを自分でキャッチして第4の球種で投げ返す
・スローボールで早振りなんてザラ、2回振ることも
・一塁でアウトになってから阿部さんを見る方が早かった
・ウェイティングサークルでボール球振らせた
・フライキャッチしようとした花井と、それを引き入れようとした阿部さん、モモカン、アイちゃんともども凡退させた
・三星学園のチームメイトのヤジに片言の日本語で反論しながらマウンド死守
・グッとガッツポーズしただけでモモカンが5回くらいイった
・モモカンのスイングでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは三橋の◇がなんかムカついたから
・内角下の深いところで一旦ボールになってから外角上に抜けるサインも処理してた
・ボーリングの球を左手で抱えて右手を楽々120km/hにしてた
・自分の勉強会に飛び乗って誕生パーティまで行くというファンサービス

1260view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-30 (水) 23:43:50 (3792d)