全盛期の時津風親方伝説

・3新弟子5遺体は当たり前、3新弟子8遺体も
・先頭暴行全員死者を頻発
・親方にとっての心不全はかわいがりのしそこない
・先頭暴行サイクル暴行(幕下、三段目、序二段、序の口)も日常茶飯
・意識不明の重体、兄弟子全員その場にいない状況から1人で殺人
・相手が曙でも余裕で殺人
・一回のスイングでビール瓶が三本に見える
・ビール瓶でのかわいがりが特技
・ビール瓶を持つだけで新弟子が泣いて謝った、心臓発作を起こす新弟子も
・殺人でも納得いかなければお湯をかけて生き返らせようとした
・あまりに殺しすぎるから鼻血でも救急車扱い
・その救急車の運転手も殺害
・新弟子を一睨みしただけでビール瓶が新弟子の額に飛んでいく
・稽古の無い休息日でも2遺体
・ビール瓶を使わずに手で殴ったことも
・自分の投げたビール瓶を自分でキャッチしてレーザービームで投げ返す
・オロナミンCの瓶での殺人なんてザラ、2度殺すことも
・リンチで殺すよりも火葬に出す方が早かった
・稽古を見守ってるだけで新弟子が死んだ
・ビール瓶による暴行を止めようとした弟子ともども殺害した
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら殺人
・グッとガッツポーズしただけで5人くらい死んだ
・ビール瓶を振っただけでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは時津風親方の殺人
・相撲協会のあり方に意義を唱えるマスゴミもビール瓶で処理してた
・ボーリングの球をビール瓶で粉砕した
・自分のビール瓶に飛び乗って砂被り席まで飛んで行くというファンサービス

1040view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-23 (水) 14:38:34 (3862d)