全盛期の小坂伝説 

・3ゴロ5アウトは当たり前、3ゴロ8アウトも
・先頭打者満塁ホームランをアウト
・小坂にとってのアウトは内野安打の守りそこない
・先頭打者サイクルヒットもアウト
・9回裏1点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で守備
・ノーバウンドも余裕でアウト
・一回の飛びつきでグラブが三つに見える
・バントでホームランをアウト
・ショートに立つだけで初芝が泣いて謝った、心臓発作を起こす初芝も
・アウトでも納得いかなければファーストに送球しないで帰ってきてた
・あまりに守りすぎるから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球もアウト
・バッターを一睨みしただけでボールが初芝に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2アウト
・グラブを使わずに手で取ってたことも
・自分のフライボールを自分でキャッチして初芝に投げ返す
・内野ランニングホームランなんてアウト
・二塁でアウトにしてからベンチに帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでアウト取った
・打球キャッチしようとした初芝と、それを受け止めようとした初芝、初芝、初芝ともどもいらない子にした
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら背面キャッチ
・グッとガッツポーズしただけで5人くらいアウト
・キャッチでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは小坂のセンターフライ
・ショートの深い位置からライトのフライも処理してた
・ボーリングの球を楽々アウトにしてた
・自分の捕球に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス

全盛期の小坂誠伝説

・1回4刺殺は当たり前、1回8刺殺も
・右邪飛処理を頻発
・小坂にとってのショートゴロはショートライナーの取りそこない
・先頭打者トリプルプレーも日常茶飯
・9回裏1点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で守備
・ワンバウンドも余裕でライナー
・一回の守備で小坂が三人に見える
・守備につくだけで相手打者が泣いて謝った、心臓発作を起こす打者も
・ゲッツーでも納得いかなければセカンドベース踏まないで外野席に投げた
・あまりに取りすぎるからダイビングキャッチでもエラー扱い
・バッターを一睨みしただけでボールがショート正面に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2刺殺
・自分の送球を自分でキャッチしてファーストベースを踏む
・ベンチからショートを守ったことも
・グッとガッツポーズしただけで3アウトになった
・スローイングでハリケーンが起きたことは有名
・ショートの深い位置からイチローを刺せるのは小坂くらい
・病気の子供にトリプルプレーを約束
・一人でショート、サード、レフト、セカンド、センターを守っていた
・やめた理由は打者がヒットを打てなくなったから
・小坂に刺殺されたことにまだ気づいていないバッターも多い
・小坂はダイビングキャッチをすると落ち込んでトイレに篭ってしまう
・小坂が守備についた時点でコールド勝ちでいいだろ
・小坂は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に眼鏡を買ってあげたことがある
・小坂の動きに米軍のレーダーが反応してしまうので守備中は警戒されていた
・あまりショートを守ると相手打者が傷付くから守りたくないという名言
・二遊間〜三遊間を抜ければその試合は相手チームの勝ちというルールはもはや伝説
・エラーさせられれば即相手の優勝決定という破格のルールも達成できたチームはなし
・ハンデとして目を瞑って守備につくルールも導入されたが全然ハンデにならなかった

3416view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-23 (土) 00:50:20 (3944d)