全盛期の新垣渚伝説 

・3球5暴投は当たり前、3球8暴投も
・先頭打者ワイルドピッチを頻発
・新垣にとってのど真ん中ストライクは暴投の投げそこない
・先頭打者サイクル振り逃げも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で暴投
・敬遠でも余裕でストライク
・一回の投球でミットが三個所に見える
・ワイルドピッチでランニングホームランが特技
・マウンドに立つだけで捕手が泣いて謝った、心臓発作を起こす田口も
・三球三振でも納得いかなければプレートまたがないで投げてきてた
・あまりに暴投しすぎるから牽制球でも野手がダイビングキャッチ
・そのダイビングキャッチも届かず
・ミットを一睨みしただけでボールがバックネット方向に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2暴投
・手を使わずにワキで投げたことも
・キャッチャーのパスボールを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返すがそれも暴投
・振り逃げランニングホームランなんてザラ、2周されることも
・一塁でアウトにしてから相手のコーチャーに渡す方が制球が良かった
・ブルペンで振り逃げされた
・投球キャッチしようとしたキャッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手の隙間を縫ってバックネット直撃
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらその客めがけて暴投
・グッとガッツポーズしただけで5人くらいランナーが帰ってきた
・自分の投球に飛び乗って内野席まで行くというファンサービス
・新垣はノーエラーを達成すると落ち込んでトイレに篭ってしまう
・新垣が1イニング暴投しなければその試合はホークスの勝ちというルールはもはや伝説
・完全試合達成なら即ホークスの優勝決定という破格のルールも達成できたシーズンはなし

2532view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-22 (金) 23:57:02 (3711d)