全盛期の赤松伝説 

・3打数5フライは当たり前、3打数8フライも
・先頭打者満塁犠牲フライを頻発
・赤松にとってのホームランは内野フライの打ちそこない
・先頭打者サイクルフライも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人だけ逃亡
・ワンバウンドも余裕で外野フライ
・一回のスイングで足が三本に見える
・バントで内野フライが特技
・打席に立つだけで内野手が上を見上げた、手をあげて待っている外野手も
・ホームランなのにベースランニング日本記録を達成
・あまりに打ち上げすぎるから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球も余裕でフライト
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間に浮き上がっていく
・試合の無い移動日には女とデート
・バット使わずに手で打っても打ち上げる
・自分のホームランボールを自分でキャッチして山なりのボールを投げ返す
・内野フライが上がっている状態でホームインするなんてザラ、2周することも
・一塁でアウトになってからベンチに帰るより、一周してホームに帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでフライを打った
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもファールスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しつつ、美人の電話番号を聞き出す
・グッとガッツポーズしただけで5回くらい上がった
・内野フライの球が軌道上に乗ったことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは赤松が米国の静止衛星をフライで撃ち落としたから
・ライトの深い位置から三塁線のフライも処理してた
・ボーリングの球を楽々外野フライにしてた
・自分のファールフライに飛び乗って広島市民球場の二階席まで行くというファンサービス

1340view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-14 (金) 14:28:32 (3682d)