全盛期の川崎宗則伝説 

・3イチロー5スマイルは当たり前、3イチロー8キチスマイルも
・先頭打者のイチローを生で見て絶頂
・川崎にとってのイチローは人生のすべて
・先頭打者サイクルイチローも日常茶飯
・第二回WBCのイチローの神の一打の前に凡退したのは川崎
・ワンバウンドも余裕でヒットするイチローの写真がお気に入り
・一回の丸坊主&マジキチスマイルで、ソフトバンクのイケメンからホモに変身
・バントでもなんでもやります!(イチローさんの傍に入れるなら)
・打席に立つだけで相手投手がケツを押さえた、逆に舌なめずりする投手も
・ホームランでもサードベース踏む前にベンチのイチローへ突進
・あまりにくっつきすぎるから弓子婦人も困惑
・その弓子婦人ごと愛する
・一弓を一睨みしただけで「ボクがイチローさんの犬だったら…」と妄想の世界へ飛んでいく
・イチローがいない守備練習でも「イチ!アイガリッ!!」とシミュレーションは欠かさない
・イチローが休養日の時は元気が無い
・イチローのホームランボールを自分でキャッチしてサインもらって家宝にする
・イチローのDVDをおかずにご飯なんてザラ、おかわりすることも
・一塁コーチがいつの間にか川崎に
・ウェイティングサークルで待つイチローの生写真を自分で撮る
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもスタンドインさせた時のショートは川崎
・イチローをやじった観客の韓国人の行方は依然不明
・グッとガッツポーズしただけで鼻血が止まらない
・NYのジーターが怪我したのはk がっあqzwせdcrfvtgyふjみk、おlp。;;

1564view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-02 (木) 17:39:43 (1628d)