全盛期の川相伝説 

・3打数5バントは当たり前、3打数バントも
・先頭打者送りバントを頻発
・川相にとってのホームランは送りバントのしそこない
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人でバント
・ワンバウンドも余裕でバント
・打席に立つだけで一塁、三塁が前に出てきた。 センターが内野に入ることも
・試合の無い移動日でもバント
・ウェイティングサークルにいるときからバントシフト
・観客の韓国人のヤジに流暢なダジャレで反論しながら背面キャッチ
・グッとガッツポーズしただけで井端が止めに入った
・湾岸戦争が始まったきっかけは川相のダジャレ
・ボーリングの球を楽々バント

全盛期の川相伝説 

・3打数5犠打は当たり前、3打数8犠打も
・先頭打者バントを頻発
・川相にとってのホームランはバントの打ちそこない
・9回裏二死走者なしの状況から送りバント
・一回のバントでバットが三本に見える
・バントでも納得いかなければ一塁走者を妨害して帰ってきてた
・あまりにもバントするから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球もバント
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが塁線上に転がっていく
・試合の無い移動日でも2犠打
・バットを使わず手でバントしたことも
・川相は本気でバントしたことがない
・病気の子供に送りバントを約束
・川相にヒットを打たせたピッチャーは褒められる
・川相が打席に立った時点で送りバントと見なされていた時期も
・打撃練習のとき、バントで字を書いた
・筋肉番付の打撃版ストラックアウトに出場したがバントで達成してしまいテレビ的にNG
・ハンデとして全てスリーバントと見なしたが全然ハンデにならなかった

&counter(total);


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-09 (土) 23:38:49 (3842d)