大野豊伝説

・一試合6種の変化球は当たり前。8種類使うことも
・大野にとって三振は内野ゴロのやりそこない
・初年度の防御率は135.00
・あまりの悔しさに太田川沿いを泣きながら歩いて寮まで帰る
・友人から自殺を心配される
・母親のことを心配して、当初は地元就職をした
・達川のパフォーマンスに苦笑い
・松井秀喜は大野のことをかなり苦手としていた
・メジャーリーグの球団から入団の誘いがあったが断る
・江川卓、掛布雅之など同年代が次々に引退していく中、現役続行
・引退の前年にも最優秀防御率賞を獲得
・引退後も140キロ台の球を投げファンの度肝を抜く
・イチローは大野の引退を「まだ早い」と思っていた
・大野にとっての一番の得意球はストレート
・引退試合の日。球場のファンやチームメイト全員号泣の中一人笑顔でグラウンドを去る

2561view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-15 (月) 12:20:18 (3746d)