全盛期の朝井伝説 

・3完投5無援護は当たり前、3完封8無援護も
・1失点完投負けを頻発
・朝井にとってのノムコメは忘れられのしそこない
・先頭打者サイクルヒットも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で完投負け
・援護0も余裕でサヨナラ負け
・一回の完投で援護が三安打
・自分でソロホームラン打って完投勝ちが特技
・マウンドに立つだけで味方野手が泣いて謝った、打席に立つ前にベンチへ引き返す野手も
・あまりに打たなすぎるから牽制球でもヒット扱い
・その牽制球も残塁
・スコアボードを一睨みしただけで自軍の欄に0が刻まれる
・試合の無い移動日でも2安打完投負け
・自分でホームランを打って自分に勝ちをつける
・味方が無援護なんてザラ、タイムリーエラーすることも
・攻撃が終ってからマウンドに立つ方が早かった
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら完投負け
・グッとガッツポーズしただけで味方が3凡した
・ハリケーンで援護が消されたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは朝井の頭髪の奪い合い
・味方のの頭を楽々2323にしてた

1244view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-01 (火) 12:41:36 (3852d)