全盛期の朝青龍伝説 

・3場所5欠場は当たり前、3場所8欠場も
・取り組み直後、反則負けを頻発
・朝青龍にとって相撲はバイトのシフトの入れそこない
・骨折中でも余裕でサッカー
・部屋の深い位置からモンゴルの会社も経営してた
・欠場するだけで高砂親方が泣いて謝った、心臓発作を起こす北の湖理事長も
・旭鷲山を一睨みしただけでドアミラーが二遊間へ飛んでゆく
・稽古で病院送りが特技
・稽古の無い休養日でも二病院送り
・まわしを掴まずにマゲを引っぱったことも
・帰国許可でも納得いかなければ記者会見しないで出国
・稀勢の里を投げ飛ばすなんてザラ、飛びひざ蹴りすることも
・支度部屋の旭鷲山のヤジに流暢な日本語で口論しながらガン飛ばし

全盛期の朝青龍伝説 

・3場所5優勝は当たり前、3場所8優勝も
・先頭力士満塁上手投げを頻発
・朝青龍にとっての上手投げはぶちかましの当たりそこない
・先頭力士サイクルやぐら投げも日常茶飯
・千秋楽負け越し100点、力士100人総攻撃の状況から1人で全勝
・武蔵丸も余裕で一本背負い
・一回の立会いでマゲが三本に見える
・まったなしで塩まきが特技
・力水つけただけで相手力士が泣いて謝った、心臓発作を起こす力士も
・圧勝でも納得いかなければ懸賞もらわないで帰ってきてた
・あまりに勝ちすぎるから不戦勝でも物言い扱い
・その審判委員も浴びせ倒し
・見合って一睨みしただけで千代大海が桟敷に飛んでいく
・取り組の無い日でも2優勝
・構えずに後ろ向きで見合ってたことも
・自分の投げた琴欧州を自分でキャッチして上手出しで土俵に投げ返す
・初日で幕内総なめなんてザラ、2周することも
・土俵で土つけられてから控えに帰る方が早かった
・土俵下で塩まいた
・力士キャッチしようとした行司と、それを受け止めようとした親方、海老沢、砂かぶりの観客ともども枡席インさせた
・観客のモンゴル人のヤジに流暢な日本語で反論しながらドラゴンスリーパー
・キッとガン飛ばしたしただけで懸賞5本くらい入った
・張り手でハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは朝青龍のドラゴンスープレックス
・土俵の深い位置から仕切り線ギリギリの高見盛も処理してた
・曙を楽々ドラゴンスクリューにしてた
・自分の投げた座布団に飛び乗って枡席まで行くというファンサービス

全盛期の朝青龍の伝説 

・3場所5優勝は当たり前、3場所8優勝も
・負け越し優勝を頻発
・朝青龍にとっての優勝は勝ち越しのしそこない
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で罵倒
・行司を一睨みしただけで琴光喜が土俵外に飛んでいく
・仕切り前に勝つことなんてザラ、優勝することも
・朝青龍がケガをしたら大相撲中断
・朝青龍が負けると日本中の座布団が売り切れる
・病気の子供に八百長を約束
・昔は八百長をしてわざと負けていた
・やめた理由は負ける姿が想像できないから
・グッと四股をふんだだけで5回くらい優勝
・稽古場で優勝することも
・あまりに勝つので10敗からスタートすることも
・日欧の交流を考え琴欧州に優勝を譲ったのはあまりに有名
・朝青龍から金星をあげたら国民栄誉賞というルールはもはや伝説
・朝青龍のまわしを掴めたら即優勝決定という破格のルールも達成できた力士はなし
・ハンデとして手を使わないルールも導入されたが全然ハンデにならなかった
・イチローは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年にまわしを買ってあげたことがある

全盛期の朝青龍伝説

・6場所連続優勝は当たり前、1場所で2回優勝することも
・初日で優勝決定戦を頻発
・朝青龍相手に1秒以上善戦できたら、それだけで殊勲賞
・魁皇と琴欧州を同時に相手にすることも日常茶飯
・10日目で風邪をひくも、残り5日間で10勝
・両手が骨折するも余裕で内無双
・一回の上手投げで魁皇が3場所休場に追い込まれる
・小指で釣り落としが得意技
・土俵に上がるけで琴光喜が泣いて謝った、心臓発作を起こす行司も
・優勝でも納得いかなければ、トロフィーを受け取らず北の湖理事長を殴って帰ってきてた
・あまりに勝ちすぎるから、相手にまわしをとられたら負け扱い
・相手を一睨みしただけで行司が朝青龍に軍配を上げる
・相手のまわしを使わず、髷をつかんで投げることも
・琴光喜を土俵下に投げ捨てておいて、更に膝蹴りをくらわす
・横綱土俵入りの時点で勝利が確定することなんてザラ、まわしを巻いた時点で勝つことも
・記者の韓国人に片言の日本語で反論し、通じないと分かると「キムチ野郎」
・グッとガッツポーズしただけで、期待の若手力士が5人廃業
・張り手の風圧で国技館が移動したことは有名
・花田家の争いが起こったきっかけは朝青龍のサイン
・2トントラックを楽々と小手投げ
・投げた豊真将に飛び乗って故郷のモンゴルまで帰るという倹約家
・朝青龍は相撲のルールを知らない
・負け越しても優勝できるのは朝青龍くらい
・朝青龍の優勝回数は2010年中に数え終わる予定
・イチローには「朝青龍優勝」が見えていたらしい

3057view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-25 (月) 12:52:36 (3771d)