全盛期のイチロー伝説 

・3回宙返り5回ひねりは当たり前、3回宙返り8回ひねりも
・全種目10点満点を頻発
・藤巻にとっての片手ギンガーは片手デフのひねりそこない
・脚前挙地獄も日常茶飯
・団体戦最終種目100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で新技発表
・金属疲労で鉄棒折れても余裕でトカチェフ
・一回の車輪でオシ・ヌキ・アフリの三角形に見える
・平行棒で貴公子旋回が特技
・10点満点でも納得いかなければ着地しないで帰ってきてた
・あまりに年が離れてるからベラルーシに飛んだ
・それでも数年後結婚した。息子ミハイルはのちのロシア代表である
・試合の無い移動日でもE難度技
・手使わずに跳馬とび越えてたことも
・上野君は自分の演技を自分で補助して自分で採点する
・消えるロンダートなんてザラ、2回消えることも
・落馬してからあん馬蹴って帰る方が早かった
・イクラはシャケのベイベー
・李軍団の中国人のヤジに流暢な広島弁で反論しながら背面水平
・グッと飛行機バランスしただけで5点くらい入った
・ドラグレスクが「ウチダ」をリアルに発表したのは有名
・藤巻は、妹に瓜二つなタイの少女に逆上がりを教えてあげたことがある
・湾岸戦争が始まったきっかけはシドニーでの藤巻の活躍
・種目別決勝でレントゲン
・伸身ムーンサルトで審判席まで行くというファンサービス

974view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-21 (金) 13:15:06 (3895d)