全盛期の武藤敬司伝説

・3連戦5連勝は当たり前、3連戦8連勝も
・武藤にとってのムーンサルトプレスは足四の字固めの決めそこない
・スペースローリングエルボーにあとにフェースクラッシャーをだすのも日常茶飯
・一回のスイングで右腕が三本に見える
・ドロップキックでホームランが特技
・リングに立つだけで相手が泣いて謝った、心臓発作を起こす相手も
・試合内容に納得いかなければサードベース踏まないで帰ってきてた
・あまりに勝ちすぎるからロックアップでも反則扱い
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2連勝
・凶器使わずに両膝で打ってたことも
・自分のムーンサルトプレスを自分で着地して低空ドロップキックではね返す
・バク宙キックなんてザラ、2回転することも
・試合で負けてから立ち上がって控え室に帰る方が早かった
・ムーンサルトプレスをかわそうとした対戦相手と、それを止めようとしたタッグパートナーともどもフォールした
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら毒霧噴射
・グッとガッツポーズしただけでギブアップさせた
・フラッシングエルボーでハリケーンが起きたことは有名
・ボーリングの球を楽々凶器にしてた
・自分のテーマに乗って客席まで行くというファンサービス

1413view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-16 (水) 00:22:22 (3287d)