末期のイチロー伝説

・5打数無安打は当たり前、8打数無安打も
・9番打者バント失敗ゲッツーを頻発
・イチローにとってのヒットはたまたまバットに当たっていい所に転がっただけ
・先頭打者三球三振も日常茶飯
・9回裏100点差、守護神登板の状況から連続エラーで逆転負け
・ワンバウンドも余裕で空振り
・一回のフルスイングでアバラが三本折れる
・バントでキャッチャーファールフライが特技
・打席に立つだけで相手投手が泣いて喜んだ、ガッツポーズをする投手も
・判定に納得いかなければ暴言吐いて退場を宣告され帰ってきてた
・あまりに打てないからバットに当たっただけでもヒット扱い
・しかし牽制で即アウト
・ピッチャーに一睨みされたで股間のボールが二回り縮みあがる
・試合の無い移動日でも間違えて球場に行ってしまった
・バット忘れて手で打たされたことも
・自分の打ったファール打球がどこに飛んだかわからず一塁へ全力疾走した
・外野ゴロなんてザラ、レフトゴロで一塁アウトも
・一塁でアウトになってからベンチに帰るまで1分かかった
・ウェイティングサークルで必死に疲労を回復してた
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもお見合いしたが余裕で一塁アウト
・観客の韓国人のヤジに片言の英語で反論しながらトンネル
・グッとガッツポーズしただけでブーイングされた
・スイングで大爆笑が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはイチローの現役続行発表
・ライトの深い位置から三塁のダッグアウトに戻るまでに体力を使い果たした
・ボーリングの球では重すぎてゴムボールでボーリングしてた
・自分の打球に当たりに行って笑いを取るというファンサービス

3016view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-30 (木) 00:41:33 (3577d)