全盛期の亜久里伝説 

・3戦5リタイアは当たり前、3戦8リタイアも
・電気系統を頻発
・亜久里にとっての完走はリタイアのしそこない
・0週リタイアも日常茶飯
・あと9週、マシン絶好調の状況からギアボックスがイカれる
・六位でも余裕でスピン
・一速の故障で三速も故障する
・電気系統が特技
・レースに出るだけでチーム全員が泣いて謝った、心臓発作を起こすメカニックも
・完走しそうでも納得いかなければピットに帰ってきてた
・あまりにリタイアするからリタイアでも完走扱い
・それでもレース後失格
・タイヤを一睨みしただけでブリスターが出る
・決勝じゃ無いフリー走行でもクラッシュ
・メカニカルトラブルじゃ無いのにピットに帰ってきたことも
・自分のマシンを自分で壊してリタイア
・電気系統なんてザラ、エンジンブローすることも
・完走してからピットに帰る方が早かった
・フォーメーションラップでギアがイカレた
・追い抜こうしたマシンと、自分、チームメートともどもリタイアさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で言い訳
・グッとガッツポーズしただけでサスペンションが折れた
・リタイアでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは亜久里の電気系統
・10週前から調子悪かった
・無限エンジンを楽々ブローさせてた
・自分のマシンに飛び乗ってスピンするというファンサービス

1879view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-23 (水) 14:40:08 (3746d)