全盛期の鈴木尚典伝説

・3打数5二ゴロは当たり前、3打数8ニゴロも
・先頭打者ニゴロを頻発
・鈴木尚にとってのヒットはニゴロの打ちそこない
・先頭打者サイクルニゴロも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人でニゴロ
・ワンバウンドも余裕でニゴロ
・バントでニゴロが特技
・ニゴロでも納得いかなければヘッスラしてヒットにした
・あまりに打ちすぎるから牽制球でもストライク扱い
・その牽制球もニゴロ
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが二塁手正面に飛んでいく
・試合の無い移動日でも2ニゴロ
・バット使わずに手でニゴロにしたことも
・自分のニゴロボールを自分でキャッチしてホームに投げ返すも届かない
・ウェイティングサークルでニゴロ打った
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら一塁ランナーにタッチアップされた
・湾岸戦争が始まったきっかけは鈴木尚のニゴロ
・レフトの浅いフライから二塁ランナー山崎武にタッチアップされた
・ボーリングの球を楽々ニゴロにしてた
・一塁からタッチアップされるのは鈴木尚くらい
・病気の子供にニゴロを約束
・一ゴロ打たせれば即相手の優勝決定という破格のルールも達成できたチームはなし

1771


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-21 (金) 12:46:40 (3953d)