【全盛期の攝津伝説】

・1イニング5奪三振は当たり前、1イニング8奪三振も
・回の先頭打者相手に三者連続三振を頻発
・攝津にとっての三者凡退は劇場の起こしそこない
・回の先頭打者だけでの五凡完成も日常茶飯事
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から攝津が投げると逆転
・一回のスローで腕が三本に見える
・牽制球で奪三振
・マウンドに立つだけで相手打者が泣いて謝った、心臓発作を起こす打者も
・三者凡退でも納得いかなければマウンドに劇場起こしに帰ってきてた
・あまりに抑えすぎるからバットに当てればヒット扱い
・その打球も三振に
・バッターを一睨みしただけでボールがミットに飛んでいく
・試合の無い移動日でも連投
・ボールを使わずに三者連続三振したことも
・自分のウイニングボールを自分でキャッチしてマウンドに投げ返す
・3球投げずに奪三振なんてザラ、1球で奪うことも
・ボールを投げてからアウトコールがくるよりベンチに帰る方が早かった
・ブルペンで三振を奪った
・打球キャッチしようとしたキャッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、 ショート、センターの選手の傍らで1イニングを無難に抑える
・観客の韓国人のヤジに反論しながら10連投
・グッとガッツポーズしただけで3イニングくらい抑えた
・攝津のスローでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは攝津が奪った9球連続空振り
・7回に登板予定も先発投手のピッチングを影からコントロールしてた
・テニスラケットを使った打者相手にでも奪三振
・ブルペンでの自分の投球に飛び乗ってマウンドまで行くというファンサービス
・全盛期の攝津がウイニングボールを観客席で見ていた子供が貰ったんだがすでにボールにサインがしてあった

1071view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-01 (火) 23:43:19 (3395d)